プロフィール

情報通信コンサルティング株式会社

事業内容 診療予約システム 「ドクターキューブ」 の開発・販売・保守
代表者名 小山 恭之
小山 恭之
代表者名(かな) こやま やすゆき
代表者名(ローマ字) Koyama Yasuyuki
役職名 代表取締役
生年月日 1955年1月26日
性別 男性
出身地 福岡県
最終学歴 大阪大学工学部 電子工学科 大学院修士
趣味 読書(歴史小説など)、旅行
特技 不器用で何もできません
休日の過ごし方 読書、山歩き
心に残る本 戦争と平和(トルストイ)
尊敬できる人 スティーブ・ジョブズ
地元地域の好きな所 一時期住んでいた長野県諏訪市
社長ヒストリー
○幼少~学生時代についてお聞かせ下さい。
小学校まで誰からも褒められた記憶がありません。屋根の上を走り回るなど、大人を困らせてばかりでした。屋根瓦がずれて雨漏りしているのですから怒って当然ですが、当時は何を怒っているのかさっぱりわかりませんでした。
生まれは福岡市ですが、公務員だった父の事情で2~5年ごとに九州四国各地を転々としました。
香川県の高松高校ではフェンシング部に属し、マイナースポーツだったおかげでインターハイと国体に出られました。大学ではインド、ヨーロッパなどを貧乏旅行したのが思い出です。国内では大阪から金沢まで自転車で往復したこともありました。
○社会人(サラリーマン)時代についてお聞かせ下さい。
大学卒業後は精密機械メーカーに入り、プリンターの開発などをしていました。大きな会社でしたので1人が担当する領域が限られ、社会との繋がりが実感できませんでした。
3年後に転職したロボットのベンチャー企業は入社2年目に倒産しましたが、仕事は格段におもしろく、また多くの個性的な技術者に出会えました。最大の収穫はUNIXに出会えたことです。UNIXは米国防総省が開発した当時最先端のコンピューター・オペレーティングシステムで、日本ではごく少数の会社がこれに関わっていました。その会社のひとつになんとか再転職したものの、アメリカに行かないと何もわからないとの思いが強まり、3年後に米国フロリダ州立大学へ留学しました。
平成3年8月帰国、UNIXの知識が生かせるスーパーコンピュータ関連の仕事が次々に舞込み、フリーターにもかかわらず月150万円以上の収入が入るようになりました。友人を集めて散財する快感を生まれてはじめて味わいましたが、そのうち虚しくなりました。お金をいくら稼いでも使った後は何も残りません。自分が社会に対して成したことが形になって残る仕事をしたいと思うようになりました。
○経営者としての喜びや苦労についてお聞かせ下さい。
社会が何を必要としているか、自分が社会に対して何ができるか、自ら考え、企画し、作り、問いかけることができることです。最初のいくつかの企画は失敗し、借金も作りましたが第5作目の診療予約システムでようやく手応えを感じました。
患者は早目に行ってじっと待っているのが常識だった診療所の光景が変わりつつあることが実感でき、この動きをさらに加速すべく日々全力で取り組んでいます。
○今後の社長自身の目標をお聞かせください。(プライベートでも構いません)
当社システムを診療予約システムのデファクトスタンダードにすることです。デファクトスタンダードとは市場シェア51%以上が必要条件と考えています。できたら5年以内、遅くとも7年以内には実現します。
○日本の構造問題として改革・改善したいことがあればお聞かせください。
身近なことでいえば、日本では起業はまだまだ特別なことと捉えられていますが、もっと普通の職業選択肢のひとつとして認知されたらと思います。事業資金の借り入れに対して個人保証が常識化しているなど、社会習慣上の問題もあります。

情報通信コンサルティング株式会社について

○御社の仕事の魅力と苦労をお聞かせ下さい。
仕事の魅力は
① 効果がすぐに実感できるため、お客様に喜ばれ、感謝されます。
② 商品力に絶対的な差があるため、価格競争になりません。
③ 営業職については飛び込み、テレアポ、チラシくばりを一切しません。
仕事の苦労は
① 顧客が北海道から沖縄まで全国にまたがるため出張が多いです(旅行好きにはむしろ楽しみ?)。
○御社の強みをお聞かせ下さい。
当社は診療予約システム専業の開発会社です。開発会社でありながら販売、保守まで自社でおこなっています。診療予約は不確定要素が多く、長い間システム化は困難と考えられていましたが、当社は独創技術でこの問題を乗り越え、1999年12月に第一号機を世に送り出しました。以来16年間に渡り常に業界最高水準の機能、性能を維持しています。
当社製品の優位性は、まず予約時間の精度に現れています。当社のシステムでは5分刻みの予約が可能です。5分刻みの予約をとった場合、その時間に患者さんを診察するのは容易ではありませんが、当社システムでは診療業務の流れを高精度でコントロールしているためこのような細かい単位での予約が可能になっています。
最近評価されているのは予防接種予約機能です。予防接種はワクチンごとに接種時期・回数・接種間隔・同時接種の可否などが厳しく決まっており、間違えると医療訴訟にもなりかねないため、どの医院でも大変神経を使っています。当社のシステムでこの負担が大幅に軽減されることが認知され、導入が急速に進んでいます。
○今後、どのような人材が欲しいかをお聞かせ下さい。
じっくり腰を据えて取り組んでいただけることが第一条件です。先端技術ではありますが地味で奥が深い仕事ですので、採用してから戦力化するまで時間がかかります。会社を転々としそうな人は困ります。
次に、技術職でも一定水準の対人対応力、営業職でも一定水準の技術対応力が求められます。
最後に、困難に出会っても明るく前向きに取り組んで最終的に解決する積極的な精神構造が求められます。
○会社の理念と今後の目標を教えて下さい。
企業理念は「情報通信技術で社会の効率化、高付加価値化に貢献する」です。
当社の予約診療システムを通して、お客様の待ち時間が減り、かつ病院の煩雑な作業を効率化する。医院は早く行ってじっと待っているところ…という常識をくつがえすことが、弊社の使命と考えています。
○日本を背負う若者へのメッセージ
仕事と人生は楽しむためにあります。もっと仕事を楽しみましょう。もっと、もっと人生を楽しみましょう。

会社概要
企業名 情報通信コンサルティング株式会社
本社所在地 大阪府大阪市淀川区西中島4-3-5 NLCセントラルビル11F
設立年月日 2001年8月
従業員数 24名
資本金 1,000万円
業種 IT関連
コンサルタント
事業内容 診療予約システム 「ドクターキューブ」 の開発・販売・保守
企業ホームページアドレス http://jtc.doctorqube.com/
会員ログイン
メールアドレス

パスワード


パスワードを忘れた方はこちら

会員登録

営業職で転職を成功させるための方法・考え方!

新着求人情報

正社員 契約社員 

株式会社ホロニック/セトレならまち

新卒採用・転職情報はプレジデントナビ

株式会社グローバルサポート


プライバシーマーク


このページのTOPへ